グリーンフラスコ スタッフブログ


東京・自由が丘にある緑の医学をめざす企業「グリーンフラスコ」のスタッフブログです
by newgreenflask

カテゴリ:教育セミナー( 115 )

豊泉真知子先生の自然香水セミナー復活!

f0253181_14072214.jpg
夏休みにも入り、毎日の暑さにも少し体が慣れてきた頃ですね。夏バテ対策にもアロマやハーブを活用していますか?
私は、日傘の裏にペパーミント精油をたらしたピタっとアロマを貼って涼しい気分を演出していますよ。

さて、バロンホールの移転に伴い、一旦休止になっていたと豊泉真知子先生の自然香水のセミナーが新たに「メルヒェンの香り」シリーズとして9月より復活することになりました!

今シリーズはドイツの童話のストーリーからイメージを膨らませて、TAOASISの精油を贅沢に使い(珍しい精油もたくさんありますよ)自分だけのオリジナルな香りを調香するセミナーです。

9月のテーマはオペラの題材にもなっている
「ウンディーネ」~悲しくも凛とした愛の香り~です。

香りでイマジネーションや記憶を刺激しながら、物語や人物を想像して調香するのもとても面白いですね。ぜひぜひ奮ってご参加下さい。

詳細はコチラ から

そして、JAMHA認定ハーバルセラピストコース8月期最終募集中です。
真夏からスタートするという過酷さにも負けないガッツのある方!
ぜひお待ちしています。きっと忘れられない夏になるかもしれません。

7月27日(木)が最終締め切り日ですので、ご検討中の方は
お急ぎ下さいね。
こちらのコースは11月の認定試験に間に合いますよ!

詳しくはコチラ


教育事業部 もりや


[PR]
by newgreenflask | 2017-07-24 14:39 | 教育セミナー | Comments(0)

ハーブとお灸で冷えケア講座

寒いですねー。北海道生まれの私も、関東の寒さは結構こたえます。北海道は外は寒くても家の中は暖かいので、こちらの部屋の寒さには結構ツライ。

ジムに行って筋トレしたり、ハーブティやクレイバスで体温めたり、寝るときは湯たんぽ入れたりなんだりで、寒さ対策を行う日々です。

もう一つの身体温め対策は「お灸」。グリーンフラスコで春先に初の「ハーブとお灸で冷えケア講座」を開催し、受講生さん達と一緒に東洋医学・鍼灸の基本や、東洋医学的養生法について学びました。そして、三陰交と足千里に毎日お灸し、体が変わることを実感。三陰交は冷えによし、婦人科に良しのおつぼねさん。

そこで、また来年1月18日~「ハーブとお灸で冷えケア講座~助産師・鍼灸師による東洋医学的ヘルスケア~」を開催します。毎回実習・実践あり、宿題で自分の心身と向き合い、ケアしていきます。講師は、助産師・鍼灸師・アロマセラピストの奥山先生。大学病院での助産師経験を経て、春に自宅で鍼灸院を開業され、二人の子育て中のママさんでもあります。

国産ハーブもいくつかご紹介していきます(群馬どくだみ長野黒葡萄・岩手マルベリー・大分サフラン・ショウガ)。冷えが気になる方、ぜひ受けに来ませんか?

by 研究所 保健師 今
[PR]
by newgreenflask | 2016-12-12 11:05 | 教育セミナー | Comments(0)

高齢者へのアロマハンドケアの技術とコツⅡを開催しました

11月23日に、毎度大人気の講座「高齢者へのアロマハンドケアの技術とコツⅡ~要介護高齢者向け」の講座を開催しました。今回も満席キャンセル待ちでした。看護師でアロマセラピストの新川講師は、現役で訪問看護師としてご活躍され、訪問看護の中でアロマケアや、デイービス・緩和ケア病棟でもアロマケアを実践されています。自身のアロマケアサロン Voix de Foretでも活躍中。

前半の講義では、介護を要する高齢者の心身の特徴やケアする上での注意事項、デイサービスでのアロマケア実践報告、記録の活用法、多職種連携や記録の大切さ、対象者の状態にあわせたハンドケアの内容等について、豊富な事例を交えてお話いただきました。

後半は、いよいよ新川式のアロマハンドケアのデモンストレーション。テーブルがなくても、クッションがなくても、タオル一つあればどこででもできる、方式です。
f0253181_17393574.jpg

正しいやり方にこだわるのではなく、あくまでも対象の方の状態にあわせる。アロマハンドケアありき、ではありません。認知症の方には、タクティールケアの要素を取り入れ、ゆーーーっくりタッチングが効果的なこともあるとのこと。その方の表情やしぐさをみて、その方にあったケアになっているか、常に確認しながら行います。決して無理強いはしません。

終了後の質疑応答も活発でした。
f0253181_17491118.jpg

次回の高齢者へのアロマハンドケアの技術とコツⅢは、重度の要介護高齢者・終末期の方向けです。実際に緩和ケア病棟や、訪問看護の中で終末期の方にアロマケアを取り入れているケースのお話など、貴重なお話がたくさん聞けます。人気の講座なので、お早めにご予約を!

1月22日(日)13:30~16:30です。

by 研究所 保健師 今
[PR]
by newgreenflask | 2016-11-24 17:50 | 教育セミナー | Comments(0)

インドネシアハーブ・ジャムウ教室~秋・冬編を開催します!

第1回目大好評につき、第2回目のジャムウ教室を開催します!

11月27日(日):「インドネシアハーブ・ジャムウ教室~秋冬編:心身をあたためて風邪予防

インドネシアに青年海外協力隊員として従事し、現地でインドネシアハーブについて学んだ杉野講師が、貴重な体験や知識をお伝えしてくれます。楽しい実習つき!代表の林も各論についてお話しします。

今回は、風邪予防に役立つジャムウ「ベラスケンチュール」と、キャンドルづくりです。

こちらの石臼がまた登場します^^ 皆でゴリゴリ、楽しいです。
f0253181_18122419.jpg


皆様の参加をお待ちしています!

by 研究所 保健師 今
[PR]
by newgreenflask | 2016-11-21 18:13 | 教育セミナー | Comments(0)

薬膳講座はじまります

このところ急に気温が下がり、そろそろ冬支度をしなければ。。。という
気持ちになってきましたね。私も先日慌てて厚手のニットを取り出しました。

冬の大敵はやはり「乾燥」と「冷え」
毎年どうやって乗り切っていたのかとふと記憶をたどってしまいました。

そんな意味でも11月は本格的な冬が来る前に、セルフケアの見直しをするのにいい季節ですね。

さて、バロンホールでは今回より新しく「薬膳講座」がスタートします。
中村 薫先生をお招きし、季節に合わせた食養生を基礎から教えて頂きます。特に冬の養生は大事だそうです。

試食や食薬セットのお持ち帰り、かんたんレシピのご紹介等
実践的ですぐに役立つ内容です。

「やさしい漢方と季節のおいしい薬膳~冬の養生・冷え・カゼ対策~」
 11月12日(土) 14:00~16:00
 詳しくはこちらをご覧ください


  教育事業部 もりや
f0253181_16290988.jpg

[PR]
by newgreenflask | 2016-11-01 16:57 | 教育セミナー | Comments(0)

人生100年!足から健康に~。

New!講座のご案内です。
人生健康プランとフット・セルフケア講座~フィト・リフレで土台の足から美姿勢に~

我が国の100歳以上人口はH24年で5万8820人、平成26年には6万人を超えたとのことです。そのうち女性は全体の8割。人生100年も当たり前の時代になってきました。100歳まで生きる人生設計は立ててますか?100歳の自分はどんな自分でいたいでしょう。

コーチであり、リフレクソロジストでもある坂本恵里講師が、マンダラチャートで人生100年計画・健康プラン作成をお手伝いし、足裏や姿勢のチェック、足のケア・植物療法を活用するケアについて伝授します。4回コースでじっくり学び、セルフケアとご家族へのトリートメントについても学びます。
年をとっても美しい姿勢&健康のために、ぜひ一緒に学びませんか?

by 研究所 保健師 今
[PR]
by newgreenflask | 2016-09-23 10:34 | 教育セミナー | Comments(0)

バッチフラワー・セラピー実践講座を開催します!

バッチフラワーをもっと身近に! お薬に頼る前にできることがたくさんあることを、多くの方や保健医療福祉介護職の方々にも知ってもらいたい、と思う日々です。そして、まずは自ら活用&コンサルテーションを受けております。自分の今の感情を見つめ、気になる感情に対しレメディを選んで飲んでみると、あら不思議。徐々にですが内面が変化していくのが実感できます。バッチってすごーい。と思うのです。

9月8日(木)19時~5回コースで、バッチフラワーを使って、対人援助の仕事に活かしたいと考えている方向けに、「バッチフラワー・セラピー実践講座~対人援助のためのスキルアップ講座~」を開催します。講師は、獣医師でもあり、バッチ財団登録プラクティショナー(BFRP)で、長年様々なクライアントに対し支援を行ってきた千田先生です。実践的なお話がたくさん聞けます。

本日は自由が丘店で千田先生のバッチフラワー体験会ミニコンサルテーションも行われます。

ご興味のある方、ぜひ一緒に学んでみませんか?

by 研究所 保健師 今
[PR]
by newgreenflask | 2016-08-19 11:20 | 教育セミナー | Comments(0)

園芸福祉療法実践講座が終了しました

8月8日昨日は、7月から始まった、NPO法人自然工房めばえさん主催による「園芸福祉療法実践講座」の最終日でした。まずは座学で園芸療法の目的や歴史、高齢者施設での園芸療法の意義や効果、実践の手引き等についてです。対象が「人」であるのが園芸療法、「植物」であるのが園芸活動、そして園芸療法は、植物をツールに人に対して心身の健康維持や機能回復、癒しに役立てるというもの。何よりも重要なのは、対象となるその人をよくよく理解すること。ニーズは何かを把握すること、コミュニケーションの大切さということ等学びました。
めばえさんが行っている高齢者施設での園芸療法についてもお話いただき、実際に利用している記録用紙や園芸療法計画書も見せていただきました。とても貴重です!
f0253181_13325358.jpg

その後は、皆でクリスマスポプリとラベンダーポプリ作り。皆でチクチク針仕事。代表林もお裁縫できました!
f0253181_13474399.jpg

f0253181_13455799.jpg

セミナー後はそのまま皆でランチしながら交流。わきあいあいと2時間ほどゆっくりランチ。

最期に講師を囲んで皆で記念撮影。皆さんいい笑顔です!
f0253181_13504990.jpg

そして、勢いついて課外活動で受講生仲間のお宅にGO。
この植物に囲まれた素敵な物件を、皆でまた人が集まれる場所にしよう計画を皆でワイワイと練りました。8月8日はスピリチュアル世界でもゲートが開く日とか!扉があきました~。
f0253181_13564755.jpg

元喫茶店で、大きなソメイヨシノがある雰囲気ある建物です。まずはお掃除から。お掃除ボランティア募集中です。ご興味のある方は研究所今まで!

by研究所 保健師 今
[PR]
by newgreenflask | 2016-08-09 13:57 | 教育セミナー | Comments(0)

インドネシアハーブ・ジャムウ教室

7月30日に、バロンホールでジャムウ教室を開催しました。保健師として、インドネシアで青年海外協力隊として活動後、インドネシアの大学でハーブコースを専攻され、現地で学び・実践されてきた杉野さんを講師でお招きしました。生の秋ウコン、タマリンド、こぶみかんの葉、アロエ等ジャムウで使う原材料を持ってきてくれました。グリーンフラスコでも扱っているハーブやスパイスも一緒に並べて・・・、ガムランを流してお客様をお出迎えです。
f0253181_1571485.jpg

前半の講義では、インドネシアハーブについて、ジャムウとは、インドネシアの伝統医療や統合医療の現状、村人の健康を守るJamu gendong(ジャムウ行商婦人)の存在、ミステリアスな王宮ジャムウなど、現地で活動されていた杉野さんならではの情報が盛りだくさん。勉強になりました。

実習では、まずは「クニットアサム」というジャムウドリンク作り体験です。生ウコンの皮をむいて、石臼ですり粒ります。タマリンドやレモングラス等の材料と一緒にお鍋へ。。
f0253181_15124254.jpg

f0253181_15171529.jpg

次にインドネシア女性にも人気の「ルルール」。美肌・日焼けケア等に使われます。
f0253181_15143141.jpg

皆さん、わきあいあいと楽しそうでした。あっという間に時間がたち、最後にインドネシアケーキを食べながら質問タイム。ケーキのおともに、インドネシアで古くから活用されている「クミスクチン」をご紹介。

講師を囲んで記念撮影。皆さんいい笑顔です。
f0253181_15253377.jpg

また秋に第二弾を開催予定です!詳細が決まりましたらお知らせいたします。

by 研究所 保健師 今
[PR]
by newgreenflask | 2016-08-01 15:22 | 教育セミナー | Comments(0)

「緑の薬箱を救え!プロジェクト」を開催しました

先日8日(金)の夜、バロンホールで、「緑の薬箱を救え!プロジェクト~海外事例から考える!人や地球に配慮したハーブ・アロマの仕事とは?」というテーマでセミナーを開催しました。話題提供は、グリーンフラスコ代表の林と、「ハーブとアロマテラピー灯り」の近藤圭子さん。近藤さんは、精油・ハーブの持続可能性(環境問題、乱獲、生産者の生活、児童労働の問題等)に疑問を持ち、CSR(企業の社会的責任)の調査の仕事を行いながら、自身のサロンや教室活動をされています。

まずは、林から、グリーンフラスコが推進する「8つの緑のプロジェクト」について説明。その後、参加者の皆様からも参加動機と自己紹介タイム(グリーンフラスコのスタッフも6名ほど参加し、皆様にご挨拶)。そして、近藤さんから、現在までの活動経緯、今世界で起きていること、海外事例(人や地球に配慮したハーブ・アロマテラピーの仕事」についてご紹介いただきました。
f0253181_19393380.jpg

世界の現状としては、温暖化・気候変動による農作物への影響、ハーブや植物油も需要の増加による森林破壊の影響、厳しい労働環境や児童労働の問題など、ハーブや精油が商品になる背景には、見過ごせない問題も多くあることを教えてもらいました。オーガニック認証商品でも、児童労働や低賃金での労働等によって成り立っているのであれば、誰かを犠牲にして成り立っていることになります。

海外事例では、Traditional medicinals, The Organic Herb Trading Company, CBT Trends:Essential oils in cosmetics in Europe, Green Spa Networkについて紹介していただけました。そこで初めて聞いたのがフェアワイルド、という言葉。フェアワイルドとは、2008年にスタートした、野生の植物を持続可能な形で使用するための仕組みとのことです。採集や取引等基準を満たした原料・製品のための「認証制度」を提供しており、Traditional medicinalsは、フェアワイルド認定商品が20%、その他オーガニック認定商品98.9%、フェアトレード商品が47%という状況で、インドで教育支援、自然エネルギー開発、生産者の生活支援などを行っているそうです。

今まで知らなかったことをたくさん教えていただき、学び多き時間でした。

その後、グループワークで、参加者さん同士シェアタイム。初めて会った人同士も皆さん和気藹々と。
f0253181_1955474.jpg


「セラピストになる前の教育で必要」「環境問題について考えるきっかけになった」「使う責任を考える必要性」等、感想をいただきました。

ハーブや精油を販売する、買う、教育や施術に関わる立場として、知っておく必要があると強く思いました。このような機会をまた設けていこうと思います。

by 研究所 保健師 今
[PR]
by newgreenflask | 2016-07-11 20:08 | 教育セミナー | Comments(0)